2016年1月19日火曜日

堅木の薪を割る方法 その1

明けましておめでとうございます。

今年は暖冬だと思っていたら、昨晩から吹雪き始め、今朝は銀世界、すっかり家に閉じ込められています。子供たちは外で元気に雪遊び、雨の日はじっとして寝ている愛犬のクマリも、嬉しそうに走り回って遊んでほしそうにこっちを見つめています。
今も外は、ビュービューと吹雪いています。

暖冬だったので、薪の準備もほとんどやってなくて、使う分だけ割って使っています。
今までは、まとめてダーっと、油圧式の薪割り機を借りてきて割っていましたが、 手で割る知恵がついてきました。

準備するのは、ハンマーと鉄ヤリと木のヤリです。
ハンマーは1キロ位のもの。

これは、けやき。昨年の春に運んできたもの。
木口に3本の亀裂が入っています。

この亀裂の外側に、鉄のヤリを打ち込みます。

油圧の機械なんか無くても、パカッと簡単に割れてくれます。
ヒビが入ったら、側面に木のヤリを打ち込むと割れます。


薪割り終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿